/ 生産性を最大化する方法

スタメンサプリ 経過報告 2018年 10月

どうも、パレオな男こと鈴木祐さんを信仰し、色んなサプリをiHerbで購入しているKentaurosです。

今回はパレオな男さんがこちらで紹介されていたサプリについて、Kentaurosがここ2〜3ヶ月間服用してみた感想をあなたにお伝えします。

ホエイプロテイン

プロテインは筋トレする人が飲むものと思いがちですが、「ヒトはタンパク質の必要量を満たすまで摂取カロリーを増やし続ける」っていうプロテインレバレッジ仮説もあり、タンパク質を十分に摂取すると食欲を抑えられる(=痩せる)ことが分かってきています。

Kentaurosはパレオな男さんの朝食に食べるのは「ホエイプロテインが最強」なんじゃないか説を信じて朝食代わりに飲んでいますが、確かに飲んだときとそうでないときでは空腹感の違いを体感できるので効果はあると思います。

ただ、夕食の30分前にプロテインをガッツリ飲むと、12週間で9%も自然に体脂肪が減るみたいなので、夕食前とかいっぱい食べてしまいそうな外食前に飲むのもアリ寄りのアリかもしれません。

Kentaurosが使っているサプリ
MusclePharm, コンバット100%ホエイプロテイン, チョコレートミルク, 80オンス (2269 g)

Kentaurosの飲み方
→ 朝食代わりに30g程度を水に溶かして飲む

フラクトオリゴ糖

コスパ最強のプレバイオティクスと言われる通り、フラクトオリゴ糖はお通じによく効きます。

Kentaurosも胃腸が弱く便秘持ちですが、フラクトオリゴ糖を飲むとスルスル出ちゃいます。

ただ飲みすぎるとお腹が痛くなったり下痢にもなるので気をつけてくださいKentaurosも実際になりました。

フラクトオリゴ糖の用量は研究[1]だと1日6.4gを目安にしているので、日本オリゴのフラクトオリゴ糖だと16gくらいが適量かと思います。

※日本オリゴのフラクトオリゴ糖のオリゴ糖含有率は40%なので、6.4g ÷ 0.4 = 16g

Kentaurosが使っているサプリ
日本オリゴのフラクトオリゴ糖 2480g

Kentaurosの飲み方
→ 朝食のプロテインと一緒に16g程度を水に溶かして飲む

クレアチン

正直エクササイズしてなさすぎて今のところは体感できていないのが現状ですが、筋トレには欠かせない超基本サプリということで運動する際には毎回飲んでいます。

ただ、頭も良くなる説もあるのでエクササイズの量にかかわらず毎日飲んでも良いかもしれません。

Kentaurosが使っているサプリ
Now Foods, スポーツ、クレアチンモノハイドレート、ピュアパウダー、2.2ポンド

Kentaurosの飲み方
→ 運動する少し前に5g飲む

メラトニン

メラトニン is やばい。(語彙力)

実は不眠症で悩まされていたKentaurosですが、これを飲んでからベッドに入るとたいてい即落ちします。

やはり日中の生産性を高めるには睡眠の質を上げるのが一番なので、あなたにもぜひおすすめしたいサプリです。

Kentaurosはメラトニンに加えて睡眠の質に効果がありそうなハーブ類も一緒にブレンドされているナイトレストを常用しています。

メラトニンの効果や副作用の詳細はWikipediaにもまとまっているので詳しく知りたい人はぜひ。

Kentaurosが使っているサプリ
Source Naturals, ナイトレスト、メラトニン配合、100 タブレット

Kentaurosの飲み方
→ 寝たい時刻の30分前に2錠飲む

マグネシウム

マグネシウムも主に睡眠を助けたり、寝不足の被害を最小限に留める効果がある[2]そうですが、効果を体感できるかと言われれば微妙ですね。

正直ナイトレストにも含まれているので要らないような気もしますが、日本人の推奨量が約270〜370mg[3]なのに対し、ナイトレストで摂取できるのは300mgなので、念のために1錠だけ飲んでいます。

ただ、マグネシウムは脂質代謝を改善し動脈硬化を防いだり、タンパク質の合成に必要だったりと、影で活躍してくれそうなのでこれからも飲み続けようと思います。

マグネシウムの飲み方としては、いくつかある中でもクエン酸マグネシウムが吸収率がよく、空腹時に飲んだほうがより吸収率が良いそうです。

Kentaurosが使っているサプリ
Now Foods, クエン酸マグネシウム、240ベジカプセル

Kentaurosの飲み方
→ 朝起きてからすぐ1錠飲む

ビタミンD+K

ビタミンD不足はタバコと同じくらい体に悪いそうですが、正直なところまだ効果を体感するには至っていません。

ただ、今までは朝イチでビタミンDを喰らっていたのが、実はビタミンDは脂溶性なので食後に摂ったほうが良いそうなので、次からは夕食後に飲むスタイルに切り替えようと思います。

また、マグネシウムが不足しているとビタミンDが効かないことがあるそうです。より一層マグネシウムの重要さを感じますね。

それと補足ですが、ビタミンKは納豆などにも十分含まれているので、納豆を食べる習慣を作ればビタミンKは不要かもしれません。

Kentaurosも納豆をなるべく食べてサプリフリーな食生活に近づけたいと思っています。

Kentaurosが使っているサプリ
Now Foods, ビタミンD-3, 5,000 IU, ソフトジェル 240 粒
Now Foods, ビタミンK-2、100 mcg、250ベジカプセル

Kentaurosの飲み方
→ 夕食後に各1錠ずつ飲む
→ 良く日光を浴びた一日であれば、その日はビタミンDを飲まない
→ 納豆などビタミンKを多く含む食材を食べたら、その日はビタミンKを飲まない

サプリメントの買い方

これまで紹介させていただいた各種サプリメントですが、Amazonや楽天などで買えるものもあります。
ですが、やはり一番お得に買えるのはiHerbでしょう。

iHerbではユーザーの紹介プログラムとして、紹介リンクから購入すると5%割引になる仕組みがあります。

詳細はこちら↓
https://jp.iherb.com/info/rewards

本ページからiHerbへのリンクはすべてこの紹介リンクとなっているので、ぜひそこからご購入されることをおすすめします!

(なお、あたたの支払いからさらに5%はKentaurosに届きます...ぜひ応援してください!)

おわりに

ひたすらパレオな男さんのブログに飛ばして、最後はiHerbのアピールという記事になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

Kentaurosも元々はサプリメントなどは一切飲まず、「健康的な食生活が一番!」と考えていましたが、やはり食事だけでは足りない栄養素もあることを知り、サプリを飲み続けることを決意しました。

ぜひ一度、あなたにも試していただきたいです。

ただ、過剰摂取もそれはそれで危ないので、気になるのであれば日本人の食事摂取基準(2015年版)などを確認してみてください。

あなたの健康を祈って
Kentaurosより

参考文献


  1. 健康な被験者の結腸通過時間に対するヤコン(フラクトオリゴ糖を多量に含む根茎)の効果。 ↩︎

  2. マグネシウムは、51歳以上の低マグネシウム状態および炎症性ストレスの指標を改善する。 ↩︎

  3. 日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要.pdf ↩︎

Tanaka Marcus Kentauros

23歳で脱サラ?して今を生きるKentaurosです。 6次産業(農業+飲食店)をベースに村おこしする会社の起業を目指しています。

Read More